伊藤英明
(いとうひであき)

プロフィール/1975年8月3日生まれ しし座 岐阜出身 O型

この胸いっぱいの愛を -未来からの“黄泉がえり”-
タイムスリップによって過去に戻る物語は数多くあるが、本作は20年前の自分自身に出会うという設定がユニーク。2006年、故郷の門司へ帰るために飛行機に乗った比呂志だが、着いたのは1986年の門司だった。彼は実家を訪ね、10歳の自分や、当時、あこがれていた近所のお姉さん、和美と対面。しかし彼女は、難病で死ぬ運命にあった…。
和美の弾くバイオリン、比呂志の実家である旅館、坂の多い門司の町。劇中に、あえて懐かしさに溢れた風景を多用することで、20年間のタイムラグを鮮明に感じさせる。病気の和美がどうなるのかは物語の大きなカギだが、比呂志と同じ飛行機に乗り、一緒にタイムスリップした他の乗客のドラマも心にしみる。とくに母親と再会するヤクザ青年のエピソードが感動的。全般に好演をみせるキャストのなかでは、まっすぐな思いを抱く比呂志で伊藤英明がハマリ役だ。細かい部分には、どうしても矛盾と感じられる点があるものの、重箱の隅を突っつかず、素直に物語に向き合えば、切なさで胸が締めつけられるだろう。
劇場本編の主軸でもある主人公の少年時代(ヒロ:富岡涼)に焦点をあて、新たなシーン、ナレーションの追加による語られるもう一つの感動秘話。伊藤英明、ミムラほか主要キャストによる貴重なインタビューや撮影風景も収録!
出演:伊藤英明,ミムラ,その他
監督:塩田明彦
主題歌:柴咲コウ 「Sweet Mom」

伊藤英明をアマゾンで検索
戀back

$value) { if ($param == 'client') { google_append_url($google_ad_url, $param, 'ca-mb-' . $GLOBALS['google'][$param]); } else if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>
ATHOS
athos shop 楽天店
athos auモール店
ポケットビッダーズ店


スリーバントTOP
(C)THREEBUNT